トピックス

  • 2020年09月14日 新型コロナと財政

    2020年9月14日


    西村経済再生担当相の言うように「財政を気にしていたら、国民の命と雇用は守れない」と私も思います。
    ただ、そのうえで財政の今後を考え続けていくことは政治家の責務です。
    令和2年度の財政規模は、2度の補正を含め160.3兆円。実に、税収の2.5倍超です。国債新規発行額は、90.2兆円、依存度は56.3%です。
    確かに、生産力増大の一方で少子高齢化や人口減による消費減退があり、良くも悪くもインフレ懸念は不要かも知れません。また、国債の国内保有率の高さは、国債価格の安定につながってはいます。
    しかし今後、赤字国債をどこまで発行し続けることができるのか、その額は分かりませんが、必ず限界があるということだけは間違いありません。
    さらに言えば、国債発行額や国内保有率とは無関係に、どこか1か国のデフォルトをきっかけに、一気に世界経済危機に陥るシナリオもないとは言えません。
    今のわが国には財政出動以外に選択の余地はありません。ただ、私たちにできること。それは新型コロナ収束後の財政のかじ取りについて、今から議論をしておくことだと私は思います。



    松戸市 藤井弘之

  • 千葉県
  • 育児助成金白書
  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. 新型コロナと財政