トピックス

  • 2019年05月14日 『昭和19年 東南海地震』報告書

    2019年4月20日



    帰宅すると、名古屋大学から郵便物が届いていました。

    刊行を待ち望んでいた名古屋大学減災連携研究センターの報告書『昭和19年 東南海地震』でした。
    この地震は、昭和19年12月7日13時35分40秒に三重県沖で起こったマグニチュード7.9の地震です。
    太平洋戦争の最中で起こったこともあり、その存在そのものが知られていませんでした。また、戦争末期の食糧や物資の非常に乏しい時代であり、国や他地域からの救援が期待できない時期でもありました。
    被災者の方々の悲痛さ困難さはいかばかりだったでしょうか。
    東海、東南海、南海地震が想定される今日、同報告書の価値は極めて高いものと言えます。
    報告書発刊に当たられた関係者の方々の地道な努力に心から敬意を表します。



    松戸市 藤井弘之

  • 千葉県
  • 育児助成金白書
  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. 『昭和19年 東南海地震』報告書