県政情報

総合政策・水道

鈴木和宏
総合企画企業常任委員会 鈴木和宏 県議
2020年08月12日 令和2年度千葉県内留学生数調査について
県では、国際化施策の基礎資料とするため、令和2年5月1日時点の千葉県内の大学等に在籍する外国人留学生数を調査しました。
県内留学生数の総数は、11,721人(前年比▲1,714人)で、学校種別の内訳は、大学(短期大学及び高等専門学校含む)5,712人(前年比▲696人)、専修学校(専門課程)4,019人(前年比+259人)、日本語教育機関1,990人(前年比▲1,277人)でした。
国・地域別では、中国が4,170人(前年比▲22人)で最も多く、次いでベトナムが4,090人(前年比▲631人)、ネパール1,073人(前年比▲478人)、スリランカ518人(前年比▲147人)、韓国480人(前年比▲76人)となっています。
なお、本調査は、県内大学、短期大学、高等専門学校を対象として、平成23年度から開始し、令和元年度からは、専修学校(専門課程)及び日本語教育機関を調査対象に加え実施しています。

1.調査概要

  • 調査基準日:令和2年5月1日
  • 調査対象学校数:176校(千葉県内にキャンパスを有する大学(大学院含む)、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程)、法務省告示日本語教育機関)
  • 回答学校数:175校(回答率:99.43%)

2.調査結果

令和2年度千葉県内大学等在学留学生数調査結果(全文)(PDF:172KB)

  • (1)留学生受入学校数
  • (2)経費別・学校種別留学生数
  • (3)専攻分野・学校種別留学生数
  • (4)居住地別留学生数
  • (5)出身国(地域)別・学校種別留学生数
  • (6)令和元年度卒業生の進路状況
  • 【参考】千葉県内大学等在籍留学生数年次推移(毎年5月1日現在)

  • 千葉県
  • 育児助成金白書
  1. ホーム
  2. 県政情報
  3. 令和2年度千葉県内留学生数調査について