県政情報

教育・スポーツ・文化

赤間正明
文教常任委員会 赤間正明 県議
2018年11月17日 登録有形文化財(建造物)の登録の答申について(11月16日)

国の文化審議会は、文部科学大臣に対し、館山市所在の「旧森田家住宅主屋」1件、柏市所在の「染谷家住宅」8件の、計9件を登録有形文化財(建造物)として登録するよう答申しました。今後、告示されると、県内の登録有形文化財(建造物)は277件になる見込みです。

今回答申された文化財

旧森田家住宅主屋

(きゅうもりたけじゅうたくしゅおく)

  • (1)員数:1件(1棟)
  • (2)所在地:千葉県館山市北条2321
  • (3)建築年代:昭和8年頃/昭和10年頃改修
  • (4)登録基準
    「(一)国土の歴史的景観に寄与しているもの」
  • (5)概要
    館山駅近傍にある旧国鉄機関区長宅。寄棟(よせむね)造りの平屋(ひらや)建てで、北面に入母屋(いりもや)造りの玄関を出す。内部は中廊下を通して座敷と居室4室を配する。駅前に開けた近代住宅地の様相を伝える和風住宅である。
  • 旧森田家住宅主屋旧森田家住宅主屋(写真提供:館山市教育委員会)

染谷家住宅主屋、風呂場、前蔵、文庫蔵、肥料小屋、井戸屋形、稲荷社、長屋門

(そめやけじゅうたくしゅおく、ふろば、まえぐら、ぶんこぐら、ひりょうごや、いどやかた、いなりしゃ、ながやもん)

  • (1)員数:8件(8棟)
  • (2)所在地:千葉県柏市鷲野谷字稲荷内24
  • (3)建築年代
    :弘化4年(1847)(主屋)、大正12年頃(風呂場)、明治26年(前蔵)、慶應3年(1867)(文庫蔵)、明治前期(肥料小屋)、大正11年(井戸屋形)、明治前期(稲荷社)、江戸末期/昭和50年代改修(長屋門)
  • (4)登録基準
    「(一)国土の歴史的景観に寄与しているもの」(風呂場、前蔵、文庫蔵、肥料小屋、井戸屋形、稲荷社、長屋門)
    「(二)造形の規範となっているもの」(主屋)
  • (5)概要
    手賀沼南岸の高台にある名主(なぬし)宅。敷地中央に東面して建つ主屋は寄棟(よせむね)造り平屋(ひらや)建てで、正面北端に曲屋(まがりや)状に土間を突出する。内部は表中央部の18畳を中心に室を配し、南奥を座敷とする。県西部屈指の規模を誇る大型民家である。主屋土間部の背面に寄棟造り平屋建ての風呂場、主屋前方に土蔵(どぞう)造り二階建ての前蔵、主屋主体部の背面に土蔵造り二階建ての文庫蔵が建ち、県西部の上層農家の伝統的な構成を伝えている。敷地の北端に南面して建つ木造平屋建ての肥料小屋と、前蔵の北側に建つ井戸屋形は簡明な建物だが、いずれも農家の生活空間の構成に欠かせない付属建物である。敷地北西隅の高台に建つ稲荷社は当家の屋敷神(やしきがみ)で、切妻(きりづま)造りの覆屋(おおいや)内に三間社流造(さんげんしゃながれづくり)の社殿を納める。敷地南辺の中央部に寄棟造り平屋建ての長屋門が南面して建ち、上層農家の格式ある表構えを形成している。
  • 染谷家住宅主屋染谷家住宅主屋(写真提供:柏市教育委員会)
  • 染谷家住宅長屋門染谷家住宅長屋門(写真提供:柏市教育委員会)

  • 千葉県
  • 育児助成金白書
  1. ホーム
  2. 県政情報
  3. 登録有形文化財(建造物)の登録の答申について(11月16日)